見出し画像

結論、雨の日は読書デートが最高という話。

読書デートってなんぞや

読書デートとは、究極に自由なデートです。
つまり、相手を選ぶのも、本を選ぶのも、場所を選ぶのも、あなたの自由。
あなたが心の底から癒されるデートです。

雨ばかりの鬱々した時期にぜひおすすめしたい「読書デート」
一度ハマったら抜け出せないかも…しれません。

読書デートのやり方3ステップ

〜SREP1:相手を選ぶ〜


大好きなパートナー。
気の置けない友人。
大切な家族。
もちろん、「自分とデートする」でもOK!

まずは、一緒にいて「心が安らぐ相手」を探すところから始めましょう。

年齢や性別、何にも関係なく、ただ「一緒にいたい人」がいいと思います。

ちなみに、先日、当館で小学生のお子さんとお母さんが「読書デート」をしてくださったようです。ほっこりとした気持ちになりました。

〜SREP2:本を選ぶ〜

次に、読む本を決めていきます。

読書デートで読む本は何がいいのか?
これも、ひたすらに「自由」でいいのです。

(個人的に、雨の日には、ほんわか気分になれるのがいいのではと思うので、宮下奈都さん、瀬尾まいこさん、原田マハさんあたりがおすすめです…!✨)

ここでは、相手と同じ本を読むもよし。


読後に感想を言い合うのは、ドキドキ・ワクワクするものだから。
「あそこの伏線、わかってた?」
ちなみに、ミステリーは、一緒に読むことで、楽しさが倍増します。(ネタバレは厳禁!!!!笑)

全く違うジャンルの本を読むのもよし。

映画だと、どうしても、最終的には「どちらか一方が見たい作品に合わせる」ことが必要になってしまう…。
読書デートでは、「お互い好きなものを読む」ことができるのが嬉しいところ。


〜SREP3:場所を選ぶ〜


読書デートの何がいいかというと、場所を選ばないこと。
雨の日は、「室内」であれば、どこでもデートができるのです。

自宅でも、図書館でも、カフェでも。
静かさなのがいいのか少しザワザワした空間がいいのか、
そんなふうに「自分が落ち着くかどうか」で選ぶのがいいかなと思います。

とはいえ……ぜひ当ホテルを宣伝したくてうずうずしてしまうので…
一旦、30秒の広告を挟みます。笑

BOOK HOTEL 神保町は、「本との出会い」にこだわったホテルです。
選書サービス「ブックマッチング」を利用していただければ、
お二人にそれぞれ合った1冊を選書いたします!
どんな本がチョイスされるのかは当日までのお楽しみ✨
(なお、こちらは事前アンケートにお答えいただいた方限定のサービスです!)

なお、当館は、全室がシモンズベッド!
マッサージチェアがついているお部屋をセレクトすることもでき、日頃の疲れを取るにもぴったり。
広々としたベッドの上で、足を伸ばして、心ゆくまで読書を堪能する。
そんな過ごし方はいかがですか?

お付き合いいただきありがとうございました…!28秒…😂


読書デートのメリット

読書自体がメリットだらけなのですが、「読書デート」にもたくさんの魅力があります!!

その中でも、何よりも大きいのが、これ。

「相手」の内面を知ることができること。

本棚には、その人の性格が現れるとよく言います。
本を読むということ自体が、「自分と向き合う」行為であるために、
本を選ぶ基準によって、心の奥でどんなことを考えているのかがわかる
のではないかと思うのです。

そのため、「相手が何考えているのかよくわからない」「最近会話が減ったな」と、マンネリに悩むカップルの皆様はぜひ「読書デート」を試してみてほしいです。

水族館デートや遊園地デートに比べてワクワクドキドキといった刺激は少ないかもしれませんが、デート特有の「話さなければいけない」といった緊張感がなく、終始まったりとした気分で過ごすことができます。

雨の日の読書デート、これからどんどん流行らせたいなと思います。
ぜひ、お試しあれ!


⇩最後にまた宣伝にお付き合いください!笑⇩

お客様の声を形にしました!!


先日、本好きのカップルのお客様から、「デイユースがあればいいのになぁ……」とご要望をいただいたため、早速作ってみました!!!

!!!!!日帰りプラン!!!!!

なんと、デイユースとしては驚きの…12時から23時までの利用OK!!!
ということで、かなり長時間ごゆっくりお寛ぎいただけます。

神保町でランチ(カレーがおすすめ🍛)を食べた後、
休憩がてらにぜひご利用くださいね!

著:moon/三浦菜月(BOOK HOTEL 神保町)

この記事が参加している募集

#雨の日をたのしく

17,884件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。 ぜひあなただけの1冊を探しに、遊びに来てくださいね。