バッテリー切れになる前に。全力で頑張っているあなたのための処方箋。

「自分」を見つけるって何?

みなさんはこれまでに、自分自身について考える機会は、どれくらいありましたか?
「そんなにないかな…」と思う方でも、進路選択の時、または就職活動の際などには「自分に向いていること」について考えた経験があると思います。

私が本格的に自分と向き合うことになったきっかけは、就職活動につきものの「自己分析」でした。

正直、その時には、心が疲れ切っていたので、「自分自身のことを考える」ということは苦しいものだと感じていました。
しかし、あの時から歳を重ね、思うのです。

「自分を知ってるって最強じゃん!!!!」と。

世間ではこれは「自分軸を持っている」とも言うのかもしれませんね。

自分を知っているからこそ、輝ける毎日がある。と私は今になって感じています。


「ココロオドルものたち」に囲まれて生活が送れるのは
「自分の好き」が分かっているから。

うまくできないことを、すぐに人に頼ることができるのは、
「自分の苦手」が分かっているから。

目標に向かって頑張れているのは、
「自分のなりたい」を知っているから。

もっともっと、自分のことを理解できるように、自分自身と対話をしていきたいです。

そうはいっても、比較をしてしまうものだから。

「自分」について考えて、自分の軸を持つことができた!!!


とはいえ、
やっぱり周りの視線は気になるもの…。

いつでも隣の芝は、どうしたって青いんです。

「よし、私は人に流されず、自分の思うように生きるぞ!」

そう決めても、あれよあれよと流されてしまい、
「変わってないじゃん、私。」
と落ち込むことがあります。

でも、そういう時だって、あっていいと思います。
だって人間だもの。

「こうありたい」
「自分はこんなふうに進みたい」
それをそのまま貫き通せるのは、すごく理想的な姿だと思います。

それでも、アクセル全開で突っ走っていたら、始めこそ良くても、そのうちガソリン切れで走れなくなってしまう日が来ます。

あえてスピードを緩めて、休憩と栄養を取って、自分のペースで進む。

そうやって意識的に、お休み期間を設けることは、「自分軸を持って生きる」以上に大切なことだと思うのです。

休むことに罪悪感を覚えてしまう人もいるでしょう。わかります。
でも、いいんです。

「休むのだって、立派な仕事」
「目の前の仕事より、私の元気をチャージするのが先!」

3回ずつ唱えて、また一歩進むためのエネルギーを蓄えていきましょう。

また走り出すための「燃料を蓄える」時間が私には必要!

そう思えたなら、早速、「本」でエナジーチャージしていきますよ!

あなたの「燃料となる本」3選

『私が望むことを私も分からないとき

これぞ、心の処方箋。

私がこの本との出会ったのは、昨年の秋のこと。

やらなくてはいけない仕事は山積み。
引き継ぎをするものの、周りも余裕がないからか、結果として
ブーメランのようにそのまま仕事が返ってくる。

お腹は空いているけれど、「何が食べたいのか思い浮かばない」
せっかくの休日だから何かしたいけれど、「何がしたいのか分からない」

そんな思いを抱えて過ごした時に手に取ったのが本書でした。

本書のおすすめの読み方は、目次を見て、自分の悩みを解決してくれそうなところだけ読むこと。

「自分」を見失っているときは、どんな言葉もすんなり受け入れられるというわけではありません。
だからこそ、自分がほしい言葉だけを掬い上げてみてください。

②『世界から猫が消えたなら』

周りにあるもの、支えてくれる人を大切にしようと思える1冊。
映画化を機に作品の存在を知りましたが、実際に読んだのは大学3年の夏。

“早期内定”がスタンダードになった就職活動を本格的に開始。
教師を目指すか、一般企業に就職するか…

そんな状況だった時に手に取ったことを覚えています。

何かを得るためには何かを失わなくてはならない世界で、自分が生きるために1つずつものを無くしていく。

あって当たり前のものだけど、そんな当たり前なものさえも、「自分」を支えてくれていたものだと気付くことができる…

自分を見つめる時は「自分」だけに焦点を当ててしまいがち。
しかし、「周りがあってこその私」なんです。
大切なことに気づかせてくれる本書のおかげで、穏やかな気持ちになりました。

「私ばっかり!」と心がトゲトゲしているときに読むのがおすすめです。

③『本屋さんのダイアナ』
読了後に、自然と前を向ける1冊。

この本に出会ったのは、この夏。つい最近のこと。
新入荷BOXを覗き込むと目が合いました。

表紙の可愛さと、帯の「全力肯定」という惹句に心を奪われ、「手に取らない訳ないよね?!」となりました。
パケ買いならぬパケ選!初体験でした。

テーマは「家庭や社会の束縛からいかにして解放され、自立していくか」「自分の人生とどう向き合うか」

これらが、立場の違う2人の少女の成長と共に描かれています。

迷いや苦悩を抱えながらも、意思を持って進む姿に勇気がもらえました。

自分を好きになる必要はないけれど、「受け入れることは必要」と彼女たちに教えてもらいました。
何かあっても、「そういうところあるよね、私」でいいんだと思います。

ついつい力みがちな時に読むのがおすすめです。

頑張るあなたへの処方箋

さて、BOOK HOTEL 神保町では先ほど紹介した本たち以外にも、テーマごとにさまざまな書籍をご用意しております。


例えば…涙も出ないほど頑張ってしまったときは「泣ける本」が並ぶ3階へ。

「泣く」って一番のストレス発散かも…

リフレッシュがてら現実逃避したいときは「他の人の日常を覗ける」7階へ
(特にエッセイがおすすめです!)


芸能人の方の本もたくさん!みーーーんな、悩んでる。

「選ぶのが難しい」「疲れすぎて選書すら任せたい…」「いつも同じ本を読みがち…」
そんなあなたには…「ブックマッチングサービス」がオススメです!!

簡単なアンケートのご記入で申し込みできますので、お気軽にご参加くださいね!(こちらのサービスは予約時にお送りするメールにてご案内しております。)


PICK UP✨
ホテルのことが一目でわかる!ホテル案内noteはこちらから

ブックホテルのこと、もっと知りたい!そんなあなたは最新noteもぜひチェック!(30の質問からホテルを深掘!)

なんだか急に暑くなってきましたが、ホテルのお部屋は冷房で快適!
本屋さんに行かなくとも、たくさんの本が揃っています。
3冊読めば、書籍代の元は取れちゃうかも!?笑

頑張りすぎて休み方がわからなくなってしまったあなたへ。
答えは求めなくていいし、それ以上走り続けなくていいんです。

ただゆっくりするだけでもいいので、ぜひ当館に訪れてみてください。

「疲れが取れるほどの笑顔だった!」「対応になんだか癒された」
お客様からそんなふうにいっていただけるような、爽やか〜〜で優しいスタッフたちが、あなたのことをお待ちしております。

文章、選書:スタッフ鶴田
編集:moon(BOOK HOTEL 神保町支配人 三浦)


この記事が参加している募集

#読書感想文

191,797件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。 ぜひあなただけの1冊を探しに、遊びに来てくださいね。