見出し画像

【オススメ本】秋に読みたい本、まとめました。

虫の声が心地よく、台風のニュースばかり流れ、食べることも、描くこともスポーツすることも推奨されるこの季節。

みなさん、もう秋、みたいです。秋になってしまいました。

気づいたらもう2022年も、秋真っ盛りの9月半ば。

夏は暑くてなかなか動けない...なんてこともありましたが、涼しくなると活動的になり、いつもとは違った本を読んでみたい気分に。
(なりません??)

例えば、ちょっと分厚いファンタジーとか。お腹が空くような「食」を感じられる本だとか。

今回は、時間を忘れて文章に浸れる時間を楽しめる、そんな本を3冊選んでみました。

是非是非、秋の夜更かしのお供にどうぞ。

「作家の口福 おかわり」 著者:朝井リョウなど

朝日新聞で連載されていた人気コラムが、1冊の本になりました。こちらは続編となります。

20人の作家さんたちが「食」をテーマに思いを綴っています。

学生時代に食べたあの味から、旅行で食べたもの、母の味、お弁当、深夜に食べるあの味まで。

作家さんによって切り口が違うのが面白い。

言葉の使い方や改行の仕方など細かいところを見ていくと、たくさんの発見があります。

私が特にお気に入りのエピソードは下の3つです!

  • 朝井リョウさん『オートミール』

  • 上橋菜穂子さん『ご飯の友』

  • 万城目学さん『ロイヤルミルクティー』

文学から食の秋を感じたい人にはうってつけの1冊。
1作品目である「作家の口福」と一緒にぜひ味わってみては?

ちなみに私の「口福」は今が旬のシャインマスカット。あなたの「口福」はなんでしょう?

「夜は短し歩けよ乙女」 著者:森見登美彦

読書好きなら一度は通る、不動の名作。

さえない主人公である「先輩」が黒髪の先輩の「乙女」に恋をする物語です。

先輩が乙女と結ばれたくて奮闘している間、様々な珍事件が起こります。

一押しポイントは「乙女」のキャラクター!
とにかく、乙女の天然さが可愛くてかわいくて...。あと表紙のイラストが、本の中の世界観とぴったりマッチしているんです。

また、作品の舞台は京都ということで、実際の地名がたくさん出てきます。

  • 鴨川デルタ

  • 下鴨神社

  • 糺の森(ただすのもり)

  • 吉田神社~京都大学周辺

  • 先斗町

  • 進々堂 京大北門前

  • 叡山電車

たくさんの名所の登場に、まるで旅行している気分に。

アニメや映画化、さらに舞台化もしているので、お好みの方法で小説の世界を味わってみてください!

あぁ、京都、いきたい。

「ダレン・シャン」 著者:ダレン・シャン

小学生の時、一度はクラスで読んでいる人がいたのでは??
もし読んだことがある方も、大人になった今、名作ファンタジーを再読してみて欲しいんです。


主人公のダレンシャンは、クモが好きな少年。
ある日サーカスに行き、毒グモをあやつるバンパイアのクレスプリ―と出会います。
親友が毒クモに噛まれてしまったことがきっかけで、ダレンはバンパイアになることを決意。
この本は、ダレンが立派なバンパイアになるまでの成長物語です。

だんだんと親のような気持ちになってきます。

私が注目してほしいポイントは、ダレンとクレスプリ―の関係性。

はじめ、ダレンがクレスプリ―を殺したいと思うほど憎んでいましたが、さまざまな出来事を乗り越えていくにつれて、信頼関係を築いていきます。

ダレンとクレスプリ―の関係性が段々と良くなっていく過程は胸が熱くなり、何度泣かされたことか!

どんでん返しな展開にかなり驚かされましたが、ページをめくる手が止まらず、どんどん読み進めていました。
続きが気になりすぎて、気づいたら朝になっていたのを覚えています(笑)

全12巻のファンタジーなので、バンパイアの不思議な世界にゆっくり浸りたい方はぜひ。

ハローウィンにもおすすめの1冊です。

秋の夜長に、本を読む。

秋の夜。まだまだ忙しない世界の中で、日常を忘れて読みたくなるようなお気に入りの一冊が、見つかりますように。
ぜひ、BOOK HOTEL 神保町にも秋のおともとなる本を見つけにきてくださいね。現在、ホテル入口にて実は古本市も開催中。お近くの方もぜひ足をお運びくださいね。

ライター:クイナ
編集:moon  (BOOK HOTEL 神保町支配人 三浦菜月)

ご予約はこちらから⇩
https://bookhoteljimbocho.com/#section1

【番外編】
おすすめ記事まとめnote

⏩最新NEWS!!!
「ダンダダン」コラボルームがOPENしています!

⏩超絶オススメ本仕立てのホテル紹介note

⏩ホテル運営会社「株式会社dot」の全貌

⏩支配人の生態がわかる記事


⏩宿泊せずとも体験できる、ワンコイン選書のご案内

⏩支配人的、読書観。

BOOK HOTEL 神保町(クリックでHPに飛びます)

住所▶︎
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目5−13

電話▶︎
03-6380-8228(対応時間:8時〜22時まで)

メール▶︎
info@bookhoteljimbocho.com

各種SNS▶︎

<当館のことを取材していただきました!こちらもよろしければぜひ!!>


この記事が参加している募集

#読書感想文

191,797件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。 ぜひあなただけの1冊を探しに、遊びに来てくださいね。