見出し画像

【求人】本が好きな人と共に働きたい。(2024年2月更新)

<募集情報は2024年2月現在のものです>


2024年2月現在、「BOOK HOTEL 神保町」・「MANGA ART HOTEL, TOKYO」「MANGA ART ROOM, JIMBOCHO」にて共に働いてくれるスタッフを募集しています。

本に囲まれて、働く。

「好き」を仕事にする。
そんな夢みたいなこと、絶対にないと思っていました。

「好きなものが好きじゃなくなりそう」
「挑戦するのは、少し怖い」
でも、一歩踏み出してみたら、世界が違って見えました。

私は今、たくさんの偶然と、奇跡の巡り合わせで、
神保町の地でブックホテルの支配人をさせていただいています。

私と一緒に、本やマンガの魅力を発信してくれる仲間に出会いたい。
その思いを込めて、このnoteを書きました。

大好きな作品たちに囲まれて。
大切な仲間たちと共に。

「0からホテルを作る経験」は私にとって、かけがえのない時間です。

みんなで作ったアイディアが形になり、お客様が笑顔になる。
新聞に取り上げていただく。
テレビに出させていただく。

リピーターの方がどんどん増えていく。
「絶対また来ます」と声をかけてもらえる。

そんな幸福の循環が、自分自身にとって何にも変えがたい「やりがい」になっているように思います。

そんな私の宝箱のようなホテルにて、一緒に働いてくださるスタッフの方を募集しております。

私たちが目指しているのは、ただの「ホテル」ではなく、「本に接客をさせる」ホテル

そのため、通常のフロント業務よりも、コンテンツ制作・イベント企画等に重点を置いております。
お客さまに、「とびきりの1冊」に出会っていただくため、アルバイトの方も含め、みんなでさまざまなアイディアを考えています。

「大手出版社様と共同で行うイベント」も目白押しですので、ご自身のキャリアUPにもつながるはずです!
*弊社は、株式会社小学館様と資本・業務提携を締結しております。

なお、漫画に興味がある方や海外のお客様との接客をしてみたい方には、弊社が運営している「MANGA ART HOTEL, TOKYO」の業務をお任せします。

兎にも角にも、本や漫画が好きで、ただのバイトではなくてやりがいを求めたい、せっかくなら人生で一度くらいのめり込んで何かを形にしてみたい、
そんな方に来て欲しいと思っています。

今回は、アルバイト、業務委託の募集となりますが、コンテンツに関する深掘り力やビジネススキルなどを総合的に判断して、正社員への登用も検討する場合もございます。(過去にアルバイトから社員登用の例あり)

「楽して稼ぎたい」という方には向いていません。
また、受け身でいると「何をしたらいいのか?」とわからなくなってしまうかもしれません。

逆に、「今までにない働き方をしたい」という思いのもと、今後のキャリアに活かしたい、自分の可能性を探ってみたい、自分からどんどん意見を伝えて、変化を楽しみたいという方にはこれ以上ない機会かと思います。

ちなみに、こちらは、当館のスタッフのガチっぷりが伝わる記事です!!(取材していただきました。)



こんな方に、特にお薦めです!

MANGA ART HOTEL, TOKYO

行動力がある方
斬新なアイディアを考えるのが得意な方
□素直で優しく、明るい性格
な方
□寝ても覚めても本が好きな方
□漫画に囲まれて生きていたい方
□感受性が豊かで、表現することが好きな方
□書くことが好きな方
□SNSやブログなどで文章を書いている方
□新しいものを生み出す仕事をしてみたい方

「BOOK HOTEL 神保町」「MANGA ART HOTEL, TOKYO」では、それぞれの方の「個性・強み」を大切に考えています。
私自身、文章を書くこと以外は苦手なことばかり。お金の計算や公的な書類は頭がショートしてしまいます。

そんな時は、いつも周りのスタッフが助けてくれます。

苦手なことは得意な人がやればいい。
それぞれの性質や特性に合った仕事を楽しんですることに意味がある。

そう思います。
責任感とか、これは仕事だから、と言って苦手なことを時間をかけて進めるより、業務をいい意味で分担して行きたいなと思っています。


誰かを責めたり、怒ったりしても何も生まれない。

認め合って、支え合っていく職場でありたいと思っています。

なお、弊社では機械ができるようなことは機械に任せて人間にしかできないサービスを皆様に任せたいと思っています。

それがすなわち「コンテンツ作成」
半永久的に残る、「人の手によって生み出された価値」を追求していきたいのです。

(そういう意味では、それを体現するためにnoteや本を書き続ける、面白い支配人でありたいです。笑)

そして…もう一つ大切なことを。

私たちは、「ホテルだから」と言って、「何でも屋さん」になりたくないと思っています。

私自身、旅館にて働いていたので、そうしたホスピタリティーの大切さや素晴らしさは十分理解しているつもりです。

ただ、弊社が目指したい「コンテンツで接客をする」を体現するためには、
スタッフの大切な時間を「選書」や「POP作成」などの「コンテンツ作成」にあてる必要があります。

そのため、ホテルといえども、本や漫画に関するサービス以外のルームサービス等のお客様対応はかなり簡略化させていただいているのです。

こうした、少しぶっ飛んだ思考で運営をしているため、自ずと来ていただくお客様は、従来のホテルサービスを求めている方ではなく「本や漫画が好きで、読みに来たい方」になる。

そうしたお客様に、「旅の目的地」として、何度も来ていただき、リピートしていただく。
それが私たちの戦略であり、目指しているところです。


仕事内容のほとんどが「コンテンツづくり」であるため、アルバイトや社員の垣根は正直あまりありません。

時には、大学生のアルバイトさんの企画をみんなで必死に形にしていきます。

「この特集やります!みんな、本読んで!漫画読んで!読み終わったらPOP書いて!!!」

和気あいあいとした雰囲気の中で、本を読んだり、本をお薦めしたり、、そんな他ではない働き方は、他のどこにもない魅力だなと、我ながら、、思っています。

BOOK HOTEL 神保町について

神保町駅から徒歩30秒の立地にある当館は、「わたしの本を見つけるホテル」というコンセプトの12階建の1棟ホテルです。2021年12月にプレオープンしたばかり!12階には、サウナ付き個室「MANGA ART ROOM」も誕生し、話題になっています。

エントランスや各フロアの廊下、客室に至るまで、厳選を重ねた本たちがずらり。中でも、事前アンケートに基づいた選書サービス「ブックマッチングサービス」が大人気です。

▶︎超お薦めnoteはこちら!


MANGA ART HOTEL,TOKYOについて

東京都小川町にある、マンガがコンセプトのカプセルホテルです。
漫画喫茶では出会えない、5000の「アート性」のある漫画が並んでいます。

こちらは、一晩中マンガ体験が楽しめる「漫泊」をコンセプトにしています。まさに漫画に囲まれて眠る。それが体感できるホテルです。

設計担当は、“Architects of the Year 2017″ 受賞、新進気鋭の建築家・山之内淡氏。まるで秘密基地のような空間で「漫画」に浸ることができます。

「漫泊」ブランドは、今後は日本中に展開して行きたいと思っています。

株式会社dotについて

運営母体である「株式会社dot」についても知っていただきたく、こんなnoteを書きました。是非ご覧ください。

弊社のミッションは、ズバリ「新しいホテルの在り方を創造する」

「新しいホテル」これが意味するのは、「泊まるだけ」のホテルではなく、その滞在自体に付加価値をつけるということ。

つくりたいものは、「ただ寝るだけ」「泊まるだけ」ではなく
「ホテルが主役になる」滞在。

その場所でしかできない体験を届けること。
そのために、私たちは「コンテンツ」そのものに接客をしてもらうスタイルを選択しています。

「人」ではなく、「人」が作った「コンテンツ」で接客をする。

これは代表の御子柴の口癖です。

その「コンテンツ」は時に、漫画であったり、本であったり、他にも…(企業秘密です笑)

従来のホテルの「おもてなし」とは一味違う体験を追求しています。

皆様との素敵なご縁を期待しています。

—————— 募集情報 ——————

■ 雇用形態
パート・アルバイト・業務委託(能力によって正社員登用の検討もいたします)
■ 仕事内容
・ホテルのフロントでの接客業務
・本/漫画に関するイベント企画、本のPOP制作など
・SNSでの情報発信(撮影、取材、編集等)
・お客さまへの本の紹介、読書(本から学んでいただき、本を通してお客様に向き合っていただきます)

■ 給与
・時給1,150円〜(交通費支給1000円まで、夜勤手当あり。昇給あり。)


■ 勤務地
BOOK HOTEL 神保町 https://bookhoteljimbocho.com/
MANGA ART HOTEL,TOKYO https://mangaarthotel.com
新ブランドホテル(こちらの情報解禁は、ご応募いただいた方の中から、是非お任せしたい方にご案内させていただきます。)

■ 勤務体系
シフト制
朝:8時〜16時 
昼:14時〜22時
夜勤:22時〜翌朝8時

もしくは、ショートタイム(10〜22時の中で、どこか4時間)でも検討します。

夜勤に関してはこちらもご参照ください。


■稼働頻度
週1日〜(要相談)

■ 応募資格
 土日や祝日、GW、年末年始等に勤務できる方(要相談)

■ 選考基準
・本や漫画が大好きな方
・接客に自信のある方
・文章を書くことが得意な方
・Macでの業務に抵抗がない方

■ 求める人材像
・自分で考え、行動することができる方
・優しく穏やかで、細やかな気配りができる方
・0から1を作ることが得意な方
・本業を続けながら、自分の幅を広げたい方
・将来、起業をしたい方
・外国語ができる方
・ライター経験のある方
・webデザインの経験がある方
・SNSマーケティングの知識のある方
・一眼レフでのカメラ撮影が得意な方
・支配人moonの著書を読んでビビッときた方!笑

■ 応募方法
ご興味のある方は、下記のメールアドレスまでご応募ください。

件名
下記の件名にてご応募ください。

【スタッフ募集】お名前
メール本文
・お名前
・性別
・年齢
・居住地、または最寄駅
・ご職業
・電話番号
・メールアドレス
・ご自身の実績(接客経験、執筆の経験など、ご自身の強み)について
・自己PR

添付資料
・履歴書
・ブログサイトやnote等で何か発信活動されていることがあればそのURLをご記入ください。
・ポートフォリオ(お持ちでしたら添付ください)
送付先

info@bookhoteljimbocho.com BOOK HOTEL 神保町 採用担当 宛

【応募後のフロー】
1:書類審査
      ↓
2:通過者にお仕事詳細についてご説明、面談(オンライン可)

*注意事項*

・大変恐縮ですが、採用見込みの方にのみご連絡差し上げます。
 (ご応募後、10日以内にご連絡いたします。)
・いただいた個人情報や資料は採用活動においてのみ使用いたします。

※ 不採用についての問い合わせにはお答えできません。ご了承下さい。

私たちは、スタッフだけでなく、みなさんと一緒にホテルを盛り上げていきたいと願っています。


長くなってしまいましたが、思いが伝われば嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


【文章・moon】

これを書いた人:「moon」の自己紹介
長野県出身の28歳です。
好きな食べ物は、カレーと寿司と干し葡萄。
趣味は読書と食べること。
特技は書くこととピアノです。
もともとは、星野リゾートにて勤務していました。
退職後はライター活動を始め、2020年8月に、Amazonにて書籍
「世界一シンプルな書き方の教室」を出版しました。
この書籍がきっかけで、2021年11月15日に株式会dotに入社。
同年12月1日に「BOOK HOTEL 神保町」がOPEN。
現在は、「BOOK HOTEL 神保町」にて支配人を務めながら、「BOOKカウンセリング」にてお客様に選書をするサービスをしています。
なお、系列ホテルの「MANGA ART HOTEL, TOKYO」の運営管理も担当。さらに、最近は本好き同士を繋ぐ結婚相談所「BOOK婚」を開所し、仲人にも挑戦しております。
最新刊:神保町本物語 よかったらご覧くださいね!


この記事が参加している募集

#仕事について話そう

110,851件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。 ぜひあなただけの1冊を探しに、遊びに来てくださいね。